今年も挑戦!英語力測定テスト2020の結果は?

実践記録
この記事は約2分で読めます。

すっかり忘れていましたが、昨年もチャレンジしたNHK出版さんが提供する英語力測定テスト、既に今年も始まっているのですね。とりあえず今回もやってみることにしました。

さて、結果はどうなったかというと…

英語力測定テスト2020 | NHK出版
英語力測定テスト2020。あなたの英語力を測定して、ぴったりの講座をご案内します。所要時間は15分。いますぐチェック!

このテストは基礎レベルと応用レベルの2つのテストに分かれていますが、両方受けてみました。

このテストは「文法問題」「会話・表現問題」と「リスニング問題」に分かれています。

問題は何度でも見直せるし、リスニングも解るまで聞き続けることはできます。ですが勿論、テストは一発勝負という縛りで行いました。

まずは基礎レベル。こちらは満点。

いや~良かった良かった、汗かいた。

続いて応用レベル。

昨年はB1-B2レベルでしたが、今年はB2レベルに上がりました。

いやー、ついに私もB2レベルですか、ありがとうございますぅ。

などと書いていますが、昨年に比べ、明らかに問題が簡単でしたね。昨年は90点で今年と同じような平均よりちょい上レベルでしたから。

また2問ほどケアレスなミスしたな~と思うところがありました。私でこれなので、今回受けられた方は、高得点がかなり多く出るのではないでしょうか。

いずれにしましても、昨年と同様で、いわば中の上。つまり平々凡々ということです!

良かったです、目が覚めました。これからもう少し自分に厳しくいきます 笑

ちなみにこのテストを受けてみるのは今回が3回目です。つまり一昨年も受けていました。その時の資料はもう残っていませんが、B1‐B2レベルの最弱だったと記憶しています。それを考えれば、毎年着実に力は付いてきているのかなと思います。やっぱりもう少し褒めてあげようか 笑

何を目標に置くのか、どういう道筋に従って歩むのかで、日々の行動も変わり、このようなテストの結果も変わってくると思います。今回の結果は良くも悪くも、私の中でひとつの指針になりそうです。

では、皆さんもこのテスト受けてみてくださいね。

コメント

アラフィフです。2人の男の子の父親。
英語は全くのダメで、中学英語も覚束ないところから一念発起して再勉強中。目標はたくさんの英語で発信された情報を読み・聞きすること。再び英語をやり直したい方に、手掛かりとなりそうな勉強法などを発信中。

doeigoをフォローする